コラーゲンは塗っても効果がない?コラーゲンの正しい増やし方

コラーゲンは、誰もが聞いたことある美容成分でしょう。

しかし、コラーゲンが肌にどういいのか、どうすればコラーゲンを増やして綺麗になれるのか。知らない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、コラーゲンの役割と、効率的に最短で美肌になれる方法についてご紹介したいと思います。

コラーゲンはどう肌にいいの

コラーゲン

そもそもコラーゲンとは何なのでしょうか。
「コラーゲン配合!!」と記載のある化粧品や、食べ物をよく目にしますよね。

実はコラーゲンとは、タンパク質の一種であり、コラーゲンにもたくさんの種類があり
そのうちコラーゲンⅡ型とか、Ⅳ型、Ⅶの3種類が肌にいいと言われています。

ではどう肌にいいのか、まずは皮膚の構造を見てみましょう。

皮膚の構造

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つに別れています。
そのうちの「真皮」は皮膚の形を整えたり弾力を与えるクッションのような役割を担っています。この「真皮」のほとんどは、コラーゲンで埋め尽くされているのです。

このコラーゲンが不足すると、右の図の様に肌の形が正常に保つことができなくなり、シワやたるみの原因となるのです。そのため、コラーゲンを摂取することはアンチエイジングに効果的というわけです。

コラーゲンはどうやって作られるのか

それではシワやたるみを改善ができるコラーゲンは、どうやって増やすことができるのでしょうか。一般的には大きく2つの方法で肌にコラーゲンを増やすことができると言われています。

体内からコラーゲンを取り込む

コラーゲンに多く含まれていると言われている食品は、「牛すじ」「鳥の手羽先」と言われており、最近では大手化粧品会社がコラーゲンドリンクの販売をはじめました。

なぜなら1日に必要なコラーゲンは5グラム~10グラムと言われており、日常の食事では補うことが難しいのです。たとえばコラーゲン5グラムは手羽先600グラム必要とします。

そのためコラーゲンは以下の健康食品などで補うのが現実的といえるでしょう。

ファンケル「ディープチャージコラーゲン」

ファンケル コラーゲンドリンク 【公式サイト】ファンケル ディープチャージコラーゲン

一方でコラーゲンを経口摂取でとっても効果がないと言われております。なぜなら、臨床試験としての研究発表がないためです。臨床結果がないため、実際に効果があるかどうかはわからないというのが現実です

皮膚からコラーゲンを取り込む

上述の通り、コラーゲンはタンパク質からなるため、とても大きな分子です。そのため、皮膚から直接塗っても「真皮まで」浸透することはできません。

現在販売されている化粧品は、コラーゲンをナノ化させたり、低分子化させることで肌への浸透を高めています。しかし、美容成分は真皮まで届くことはできず、真皮まで届くことを表現することは、法律(薬事法)でも禁止されています。

では、肌からコラーゲンを取り組むことはできないのでしょうか。

実は、コラーゲンを直接肌から浸透させることはできませんが、コラーゲンを体内でつくる成分を浸透させる事は可能です。

効率的に肌のコラーゲンを増やす方法

それでは、どのようにしてコラーゲンを体内で生成させることができるでしょうか。ここでは、効率的に肌のコラーゲンを生成する方法についてまとめます。

コラーゲンは、線維芽細胞によって生成される

真皮にある細胞は、幹細胞と呼ばれており、通常自分と同じ機能をもった細胞を増やす分裂と、自分とは異なる機能をもつ分化とよばれる細胞分裂をすることができます。山中教授が発表して話題になったいIPS細胞も幹細胞の1種です。

その真皮にある幹細胞は、線維芽細胞を生み出すことができるです。

実はこの線維芽細胞こそ、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸を作るのです。
つまり、幹細胞が線維芽細胞を生成することでコラーゲンを増やすことができます。

幹細胞はどうしたら線維芽細胞を生成してくれるの?

実は加齢とともに、幹細胞の分裂の回数が減るのです。そのため真皮のコラーゲンも減り、結果的にシワやたるみの原因となるのです

では、どうすれば幹細胞にたくさん分裂を促すことができるのでしょうか。それは皮膚から成長因子を「表皮」に浸透させて、細胞分裂を促すシグナルを送ってもらうことで可能となります。

それが、線維芽細胞増殖因子と呼ばれている今注目の成分「FGF」です。

表皮には元々「FGF受容体」と呼ばれるものがあります。これがFGFと結びつくことで「表皮」よりも奥にある「真皮」の幹細胞に分裂を促すように司令を出すのです。

これは1973年にアメリカで臨床試験が行われているため、明らかとされています。
実際に資生堂のコラーゲンサイトのページにも同じ記載があったので効果は確かです。

FGFについてもっと詳しく知りたい方は「FGF(線維芽細胞増殖因子)とは?オススメのFGF化粧品の選び方と使い方」を参照ください。

コラーゲンを増やすにはFGFか効果的

以上、ここまでのの内容をまとめてみると

・コラーゲンは、経口摂取でも効果は期待できるが、因果関係は未だ明確ではない。
・コラーゲン自体を、皮膚から真皮まで浸透させることはできない。
・コラーゲンを浸透させるよりも、コラーゲンを体内で増やした方が効果的

私もコラーゲンを取ろうと食物に頼ってましたが、効果があるか実証はされていないのは意外でした。これを知ってからコラーゲンを体内で増やすために美容液はFGFが配合されているものを使用しています。

コラーゲンは、体内からき吸収していた方はこれからはFGF化粧品を使用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする