FGFは毛穴対策に効果的!毛穴の原因はコラーゲン不足?

顔の皮膚にある毛穴の数はなんと20万個も存在します。毛穴が引き締まっていると肌のキメが細かくなり、見え方が大きく変わってきます。歳をとって最近肌ツヤが悪いと感じている方は、毛穴が緩んでいるかもしれません。

加齢による毛穴の開き対策をしっかり行っていきましょう。

毛穴ができる原因はコラーゲンの減少

毛穴が開く原因は主に、「皮膚の過剰分泌」「ニキビ跡」「加齢によるたるみ」の3つです。ここでは、加齢によって起きる毛穴の開きについて解説します。

皮膚の構造真皮の詳細

 左の図のように皮膚の構造を見てみると毛穴は、真皮に存在しております。もちろん全ての毛穴に毛が存在しているわけではありません。また右の図を見てみると分かる通り、真皮は、コラーゲンが格子状に張り巡っており、その間をヒアルロン酸で埋め尽くされています。詳しくは、「皮膚の構造とターンオーバーについて」を参考ください。

このコラーゲンが不足すると、肌の土台である真皮の弾力が失われ、肌がたるみます。肌がたるむと、重力に引っ張られて表面の毛穴が楕円形に広がるのです。

コラーゲンは何故減ってしまうのか

30代以降の場合、コラーゲンの減少で毛穴ができるのはわかったと思います。では何故コラーゲンは減ってしまうのでしょうか。

実は、コラーゲンやヒアルロン酸は、線維芽細胞(せんいがさいぼう)という細胞によって生成されます。しかし年齢とともにこの線維芽細胞の機能が低下することで、コラーゲンやヒアルロン酸が十分に生成されなくなってしまうのです。またもう1つは紫外線により細胞が酸化し、コラーゲンやヒアルロン酸が分解されてしまうのです。

つまり加齢によってコラーゲンが減ってしまうのは、ある意味仕方ないことでもあり、線維芽細胞にもっと頑張ってもらう必要があるのです。

加齢によるコラーゲンの減少

FGFが毛穴を目立たなくする?

加齢による毛穴の開きの場合、コラーゲンを生成する線維芽細胞の機能低下が原因というわけですが、ではどのようにしてコラーゲンを生成すればいいのでしょうか。

コラーゲンを皮膚から浸透させる?

コラーゲンなどの美容成分は、分子が大きいため基本的に表皮までしか届くことはできません。つまりコラーゲンは真皮に存在するので肌から摂取することはできないのです。

ナノ化した成分は、真皮まで届くと言われていますが、「ナノコラーゲンは肌の奥まで浸透します」と謳っている化粧品もありますが、よく見ると「角層まで」つまり表皮までしか届かないのです。

コラーゲンを口から取り入れる

コラーゲンや食べたり飲んだ場合、胃酸や消化酵素で分解されアミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの)になります。この分解されたアミノ酸、ペプチドは腸管から吸収されます。

吸収されたアミノ酸は、骨や筋肉、関節、皮膚などタンパク質でできている部分に再合成されます。そのため、そのままコラーゲンになるわけではありません。

現時点では、コラーゲンを口から摂取して真皮のコラーゲンが増えるといったような科学的根拠はありません。

線維芽細胞細胞に機能を高める

コラーゲンを外から摂取することができないとすると、元々コラーゲン・ヒアルロン酸の工場である線維芽細胞に生成してもらうしかありません。それでは、加齢によって機能が低下した線維芽細胞をどのように生成してもらえばいいのでしょうか。

実は、線維芽細胞はある細胞からの命令を受けてコラーゲンを生成しております。それが線維芽細胞増殖因子というFGFというものです。FGFは化粧品に含まれていることを見かけますが、コラーゲン同様に真皮まで届くことはありません。

しかし、FGF受容体というのが表皮にあるためFGF化粧品を与えることで
線維芽細胞の機能を高めて、コラーゲンを生成することができるのです。

詳しくは、「FGF(線維芽細胞増殖因子)とは?オススメのFGF化粧品の選び方と使い方」をご覧ください。

FGF化粧品の選び方 適切な含有量で選ぶ

それでは、FGFによってコラーゲンの生成を促すことで加齢による毛穴は改善できそうですが、実際にどんな化粧品を選べばいいのでしょうか。

私がオススメするのは、FGFの含有量です。含有量といっても規定の量あれば線維芽細胞の機能を高めることができるようなので、濃すぎるとそれはそれで勿体無いのです。といっても商品を見ても、どれくらい入っているか公開している会社はほとんどありませんでした。

そこでEGF協会というNPO法人が発行している認定化粧品を選ぶことをオススメします。適切な含有量が含まれている化粧品には、協会から認定のマークが発行されるからです。

EGF・FGFの化粧品をランキング形式で紹介もしておりますのであわせてご覧ください。
【EGF化粧品ランキング】明確な基準を持って徹底比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする