ニキビ跡におけるEGF・FGFの効果、ニキビ跡の種類と原因

EGF,FGFは様々な肌トラブルに効果がありますが、ニキビ跡にはどうでしょうか。実は、ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それによって異なります。自分はどのニキビ跡なのか確認して、使用の有無を判断していきましょう。

炎症による赤み

赤みのあるニキビは、血液によって赤く目立ってしまいます。

肌に炎症がおきたことで傷を治そうと毛細血管血管がたくさん作られます。

毛細血管の中には赤い色素を持つヘモグロビンという酸素を運ぶためのタンパク質が流れています。その結果、炎症がおきた部分が各目立ってしまうのです。

デコボコしたニキビ跡(クレーター型)

重い炎症の場合、ニキビの原因となるアクネ菌が周辺組織を破壊しながら増殖し

皮膚の奥の組織である真皮や皮下組織まで傷つくことが原因です。

このデコボコニキビにも、細く奥にデコボコした跡や円形状にヘコんだニキビ跡などがあります。

シミとして残る色素沈着

ニキビ跡による色素沈着

シミとして残る色素沈着は、メラニンによるものです。

表皮が炎症を起こすことで元々表皮にあるメラノサイト(色素細胞)が大量のメラニンを生成します。メラニン自体は元々肌を守るものですが、過剰に発生し過ぎたメラニンが、ターンオーバーの乱れによって、肌に滞留することでシミの原因となります。

さらにこのメラニンが、真皮まで落ちていってしまうとターンオーバーで押し上げることができないの中々消えないシミとなって残ってしまうのです。

残念ながら真皮まで落ちてしまった、真皮は化粧品で直すことは難しいので皮膚科にご相談ください。

このシミが表皮にあるのか、真皮にあるのかはシミの色で見分ける事ができます。

青みがかっているか灰色の場合は、真皮にあることが多く

茶、焦げ茶、黒色の場合は、表皮にあることが多いです。

ターンオーバーでシミが表面に浮き上がってくるため、シミが治る直前が1番濃いのです。

ニキビ跡の原因

そもそもニキビ跡を作らないことが1番望ましいですが、

ニキビ跡が残ってしまうニキビと比較的跡が残らないニキビがあります。

その違いは、炎症を伴うものかどうかです。

炎症が発生していない白ニキビなどの場合、自らニキビを潰さない限りは跡が残ることはありません。一般的にニキビ跡が残るのは炎症が起きている赤ニキビです。炎症が酷いほどは皮膚組織を破壊してしまうので結果ニキビ跡ができてしまいます。

ニキビ跡にEGF・FGFは効果的?

炎症による赤み

炎症によって赤みのあるニキビ跡は、毛細血管にあつまるヘモグロビンによる赤みです。

この赤みは、赤の色に反応させる波長を利用して無くす方法があります。

医療用マシーンによる光療法を利用して治療する方法もあります、

また、ビタミンC誘導体やハイドロキノンの外用を併用する場合もあります。

どの場合も一瞬にしてなくなるものではなく、根気よく続けることでニキビ跡もきれいに治っていきます。ハイドロキノンは使い方に注意が必要なので皮膚科で処方してもらう事をオススメします。

ニキビ跡よるデコボコ

肌がクレーターの様に、デコボコになってしまうニキビ跡の場合は、

皮膚が作り出す基底層(母細胞)が傷つき、また真皮まで削れてしまっています。

ニキビ跡によろ真皮の傷

図の様に真皮は、コラーゲンとヒアルロン酸で出来ているので、新たにコラーゲンとヒアルロン酸を生成し肌を生成していく必要があります。

また表皮の部分も基底層(母細胞)に働きかけ、細胞の分裂を促す必要があります。

そのため、真皮に働きかけるFGFと、表皮に働きかけるEGFの両方が有効です。

それぞれの詳しい働きは、「EGFとFGFの違いとは? 期待する効果で使い分けよう」はご覧ください。

ニキビ跡による色素沈着

上述の様に、ニキビ跡による色素沈着は表皮にあるメラニンが正体です。

基底層(母細胞)の細胞を活性化させ、ターンオーバーを促すことでメラニンを表面に押し出すことで解消されます。よってEGFによる効果は大きな期待ができます。

このように、ニキビ跡の種類によってEGFなのかFGFなのか異なります。

それぞれ自分のニキビ跡がどれに当てはまるのか確認して適切に処方していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする