肌の構造とターンオーバーの働きと効果

美しい肌を手に入れるためには、基本的な皮膚の構造を理解した上でスキンケアを行いましょう。EGFに関しても同様に、何故肌にいいのかを知った上で効果的に化粧品を使う必要があります。

肌の3つの構造とそれぞれの役割

肌は大きく分けると「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つで構成されております。

表皮

表皮は、厚さ0.2ミリという3つ中で最も小さい組織です。

「角層(かくそう)」

「顆粒層(かりゅうそう)」

「有棘層(ゆうきょくそう)」

「基底層(きていそう)」の4つの層でできています。

この四角い細胞がケラチノサイトと呼び、1番下の基底層が細胞を分裂を繰り返すことで作られます。ケラチノサイトは約4週間で角質層の細胞となり、2週間程肌を守る役割を果たし、垢として剥がれ落ち、これが繰り返し表皮ではおきこのサイクルをターンオーバーと呼びます。

表皮の1番外側である角層は、0.02ミリとラップと同じ薄さしかありませんが、ほこりや菌など外部からの刺激をバリア機能と、体内の水分が過剰に蒸散して乾燥させないような保湿機能2つの役割を果たします。

真皮(しんぴ)

真皮は、表皮の内側にあり皮膚の大部分を占めています。表皮の中を見てみると、格子状のコラーゲン(繊維状のタンパク質)がほとんどを占めていてその間をヒアルロン酸というゼリー状の水分が満たしています。これにエラスチンも加わることで肌の形をつくり、肌に弾力を与えています。

つまり肌のたるみやシワの原因は真皮にあり、コラーゲンの減少が要因となります。

コラーゲンやヒアルロン酸は線維芽細胞(せんいがさいぼう)によって生成されますのでコラーゲンを増やすためには、線維芽細胞を増やすことが必要です。

線維芽細胞を増やす方法は、「FGF(線維芽細胞増殖因子)とは?オススメのFGF化粧品の選び方と使い方」を参照ください。

因みにコラーゲン配合とか、ヒアルロン酸配合化粧品とよくありますが、美容成分は真皮まで届かないので効果は期待できません。

※ナノ化された美容成分であれば真皮まで届くと言われています。

皮下組織

皮下組織の大部分は、皮下脂肪です。スキンケアとしての役割は特にありませんが、外部からの衝撃を和らげるクッションとしての役割があります。また皮下脂肪自体は、熱を伝えにくい性質あるので断熱や保温の効果もあります。

ターンオーバーの働きと効果

ターンオーバーは、表皮細胞における新陳代謝です。新陳代謝がよくなることで、常に健康な肌を保つ効果があります。

上述の通り、表皮の一番下にある基底層が細胞分裂を起こし4週間かけて表皮の1番外側の角質層まで届きます。ターンオーバーの速度は、部位によって異なったり諸説ありますが、約30日と言われています。

ターンオーバーが正常なサイクルで機能することで、ニキビ、ニキビ跡の改善、シミや黒ずみの改善、乾燥肌・敏感肌の改善などです。

ターンオーバーが乱れる原因とは

ターンオーバーは早すぎても、遅くなりすぎてもよくありません。ではターンオーバーは何故乱れてしまうのでしょうか、いくつか原因を紹介します。

睡眠不足

ターンオーバーにおける細胞分裂は、基本的に睡眠中に活性化します。これは22時から3時の間に脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるからです。また、入眠から4時間の間に分泌されるため、睡眠時間も重要になってきます。慢性的な睡眠不足や、昼夜逆転しており不規則な生活を送られている方は、入眠時間と睡眠時間を見直してみましょう。

ストレス

ストレスを感じることで一時的に血液の流れが悪くなり、これが元に戻る時に活性酸素が発生します。※活性酸素はストレスだけでなく他にもタバコや紫外線などでも発生します。

活性酸素とは、他の細胞を酸化させる力が強い酸素です。人は呼吸を行うことで体内に酸素を取り込みますが、その2%が活性酸素と言われています。

活性酸素は、体内にあるウイルスを撃退する効果もあるので一概に悪いものとは言えませんが増えすぎると正常な細胞も酸化させ攻撃してしまうのです。

細胞が酸化するということは、細胞が老化するということです。細胞が老化しては、正常なターンオーバーとは言えません。できるだけストレスを溜めないように心がける必要があります。

栄養不足

バランスのとれた食事はもちろん重要で、それぞれの肌をつくる栄養素はありますが、肌の新陳代謝を高めて、皮膚細胞を活性化させるのはビタミンB2,B6です。

ビタミンB2が含まれている成分は、レバー、卵、納豆、乳製品、葉菜製品。ビタミンB6が含まれている成分は、カツオ・マグロなどの魚類、レバー、肉類、バナナ。レバーを毎日食べるのは、現実的ではないので私は、卵、納豆、肉類を毎日取るようにしていいます。

加齢

上述の通り、ターンオーバーは通常28日から30日のサイクルで細胞が入れ替わっていますがこれが歳をとるにつれてターンオーバーの周期が長くなっていき、30代~40代になると45日程度かかると言われています。歳をとると傷が治りにくいのも同じ理由です。

ターンオーバーの周期が長くなると、古い細胞が滞留することで肌がくすんだり、シミが増えた・濃くなったと感じたらターンオーバーの周期が長くなっている可能性があります。

まとめ

生活習慣を整えることで、ある程度ターンオーバーを正常に保てますが、加齢によるターンオーバー周期の遅延は、美容成分などの力が必要となってきます。そこで現在30代以降の方に人気なのが、EGFが含まれてた美容成分なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする