FGF(線維芽細胞増殖因子)とは?オススメのFGF化粧品の選び方と使い方

FGFはよく美容成分としてEGFと一緒に紹介されがちですが、EGFとFGFはそもそもの働きも違うし、お肌への効果も異なります。

FGFを正しく学び効果的に使用しましょう。

FGFとは

線維芽細胞(せんいがさいぼう)増殖因子、Fibroblast growth factorsの略でFGFと呼ばれております。1973年、アメリーンによって発見された成長因子の1種であり、FGFは23種類にも分類され広範囲な細胞や組織の増殖や促進させます。

FGF受容体と結びつくことで、傷の治療やアンチエイジングにも効果的なため、

美容医療の分野でもよく使われております。

成長因子:特定の細胞の増殖を促進させるタンパク質の総称

FGFの種類

FGFは23種類存在し、その中でもFGF1~10はFGF受容体と結合し、
11~14は他のEGFとは機能が異なると言われており
FGF受容体と結合しないと言われております。

16~23は比較的最近発見され、他のEGFが居所的に作用する中で、
19、21、23は全身に作用するとも言われております。

スキンケアなどで使用されるのは、FGF1であり様々な肌悩みに効果的と言われております。

FGFの効果

美容成分としてのFGFには、様々な肌トラブルが期待できます。
ではFGFは、どのように肌に作用しどんな効果があるのか見ていきましょう。
そのためには、そもそも肌の構造を知っておく必要があります。

皮膚の構造と真皮の詳細

このように、皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つに分かれています。

真皮にはコラーゲンやエラスチンんといった肌の形を支える役割を担っており、
コラーゲンやエラスチンが減少するいと、
右図のように肌にシワやたるみができてしまうのです。
そのため、シワやたるみを改善するためには真皮に働きかける必要があります。

しかしながら、本来美容成分は表皮までしか届かないとされています。

そのため化粧品の広告でも「浸透する」と謳っていても端に小さく「※角質層(表皮)まで」と書かれているのがほとんどです。

化粧品の広告をみると「奥まで浸透」と謳っている化粧品もありますが、
注意書きで「※角質層(表皮の事)まで」とあります。

広告文における角質層までという注意書き

しかし表皮には、FGF受容体が存在するため結果的に真皮に働きかけることができ、

FGF成分が含まれる化粧品は、シワ、たるみ、ほうれい線に効果的とされています。

オススメのFGF化粧品と使い方

FGF化粧品もたくさん、ありますが私がオススメするのEGF協会が認定する商品です。

何故ならば、有象無象にあるEGF・FGF化粧品の中でもNPO法人であるEGF協会で認定された商品は、規定の濃度・配合量が保証されているからです。

ネットの広告でよく見るEGF配合化粧品は、配合量が明確ではなく、粗悪な商品の可能性もあります。

またFGFの効果は、EGFと一緒に使用することで相乗効果が見込まれるといいう臨床試験結果があります。

詳しくは、EGFとFGFは同時に使用することで効果が期待できる?をご参考ください。

そこで、私がオススメするのは、セルビックのFGF美容液です。

セルビックのFGF美容液

何故ならば

・EGF協会認定商品である
・楽天で美容液ランキング1位の実績
・累計70万本を売り上げている
・EGFとFGFの両方を使い分けれる
・会社としても販売歴が長く安心
・999円で試し使いできる

人気の商品だから安心なんだとは思いますが、実際デパコスでも肌荒れすることもあるので、お試しで使ってみて肌荒れしないか試すのはとても重要だと思っています。

個人的には化粧品に即効性ってあまりないと思っています。
どの商品にするかじっくり考えたら
まずはお試しを使ってみて肌に異常がないのであれば、使い続けてみるのがいいと思います。

送料無料999円で試す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする